留学体験レポート(MARI NISHIZAWAさん)

留学概要

年齢(留学時) 20歳
学年(留学時) 大学2年生
留学の種類 短期集中英語特訓
時期・期間 夏休み(9月)2週間

 

 

MARI NISHIZAWA(現在大学3年生)

日程: 2015年9月に2週間
行先: カナダ・トロント
宿泊: ホームステイ
行先・コース選択:
目的が「短期集中語学力アップ」だった為、ビザなしでも午後までのフルタイムレッスンが受講可能なカナダを選択。日本人が少ないこと、ナイアガラも近いことがトロントの選択ポイント。

 

学内選考突破!

 

私は大学の交換留学を目指し、特にリスニング・スピーキング対策の為にトロントに短期語学留学をしました。直前に決めたので、わずか2週間という短い日程でしたが、とても充実した濃い時間を過ごせたと思います。TOEFLの点数は54→65点、TOEICは645点になり、基準を超え交換留学も決まりました。

 

語学学校は日本人が少なくて良かったです。リスニング力が足りず、入ったクラスの文法は中学レベルと簡単でしたが、リスニングやスピーキングになると難しかったです。同じクラスでも他国の人は全く逆だったのは面白くもあり、とても勉強にもなりました。

 

短期という事もあり、日本人とはつるまないように意識していたのであまり友達など出来ないと思っていましたが、二人出来ました。彼らは共に30代で、私とは10歳以上離れていますが同じように優しく接してくれました。また、「これが最後のチャンスかも」と強く意識し、目的もハッキリしていたのは私にとっても良い刺激になりました。3人で会う時でも英語で会話するなど、努力家の2人に引き上げられモチベーションを維持し続けることが出来ました。半年後にも会う機会があり、社会人の生活や今も続く海外生活など再び多くの刺激を受けました。今後も継続して会えるといいなと思っています。

 

滞在中はホームステイでしたが、ホストファミリーはとても優しくて料理や掃除も全てやってくれました。飼っている犬も可愛くて毎日遊んでいました。ただ、ファミリーと話していても自分のスピーキング力の拙さを痛感し、上手く伝えられずもどかしい思いもしました。ブラジル人の子も一緒にホームステイしていたので、英語で会話する機会が増えたのは良かったです。土日は学校のアクティビティでナイアガラの滝などの観光にも行きました。あいにくの天候でしたが迫力は圧巻で必ず訪れることをお勧めします。

 

普段海外とは接点のない両親は、ホームステイや留学などの知識も情報も持ち合わせていないので多少心配もあったかと思います。だからこそサポートの充実した学校・会社を選ぶのが正しい選択だと思いますし、安心して送り出してもらえると思います。

秋からの留学に向け、引き続き勉強を頑張ります。

 

flower2016年秋から留学スタート、おめでとう!

 

 

 

フォトアルバム

まずはお気軽にご相談・お問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら